心が変われば、態度が変わる

態度が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

運命が変われば、人生が変わる

 

twitter(速報)

What's NEW

 

~2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦~

 

3月30日(土)9:30~ 対東洋大学  @上柚木公園野球場 6ー2 〇

3月31日(日) 12:45~ 対東洋大学  @上柚木公園野球場 2ー3(10回タイブレーク) ●

4月13日(土)9:30~ 対専修大学  @上柚木公園野球場 8ー1 〇 

4月14日(日)12:45~ 対専修大学  @上柚木公園野球場 5ー0 〇

4月19日(金)9:30~ 対東洋大学  @上柚木公園野球場 5ー3 〇

4月19日(金)9:30~ 対国士館大学  @上柚木公園野球場 1ー0 〇

4月30日(火)13:45~ 対国士館大学  @上柚木公園野球場 10ー0(7回コールド) 〇

 5月6日(月)9:30~ 対帝京大学  @上柚木公園野球場 3ー1 〇

 5月7日(火)12:20~ 対帝京大学  @上柚木公園野球場 9ー0 〇

 5月18日(土)9:30~ 対日本大学  @スリーボンドスタジアム八王子 5ー0 〇

  5月19日(日)9:30~ 対日本大学  @スリーボンドスタジアム八王子 2ー0 〇

 

   2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦の全日程が終了し、

9季連続71回目のリーグ優勝を達成することが出来ました。

熱いご声援、有難う御座いました。

 


 

~第66回関東地区大学準硬式選手権大会~

 

3月14日(木) 9:00~   対関東学院大学   @早稲田大学東伏見G 7-0 (7C) 〇

 3月18日(月) 10:00~  対日本体育大学     @早稲田東伏見G 9-2  (8C) 〇

 3月21日(木) 13:00~ 対東海大学 @サーティーフォー保土ヶ谷球場 13-2 (5C) 〇

3月22日(金) 9:00~ 対帝京大学 @スリーボンドベースボールパーク上柚木 8-1 (8C) 〇

 3月24日(日) 12:00~ 対法政大学 @スリーボンドベースボールパーク上柚木 4-0  〇

 

第66回関東地区大学準硬式野球選手権大会の優勝を掴むことが出来ました。

同時に、全日本選手権の出場権も獲得することが出来ました。

沢山の応援、誠に有難う御座いました。

 

3月30日(土)から始まる春季リーグ戦でも全勝優勝を目標に中央大学らしい野球をしたいと思います。

今後とも、応援の程、宜しく御願い致します。


 

~2024年度 東都大学準硬式野球 春季リーグ戦~

 

3月30日(土)から東都大学準硬式野球春季リーグ戦が開幕します。

全勝優勝を目標に、チーム一丸となり一戦必勝で戦い抜きます。

 

応援の程、宜しく御願い致します。


 

~令和6年度浜松合宿~

 

2/18(日)~2/25(日)まで浜松合宿が行われました。

 

球場まで足を運んで頂き誠に有難う御座いました。

関東大会で優勝し全日本選手権の出場権を獲得できる様、一丸となって試合に臨みたいと思います。

 

熱い応援の程、宜しく御願い致します。

 

2月18日(日) 1日目

 2月19日(月) 2日目

2月20日(火) 3日目

2月21日(水) 4日目

 2月22日(木) 5日目

2月23日(金) 6日目

2月24日(土) 7日目

2月25日(日)   8日目

 

宿舎:湖畔の家

〒431-3763 静岡県浜松市天竜区月963-1

球場:天竜球場

〒431-3306 静岡県浜松市天竜区船明2660

 


 

第66回関東地区大学準硬式野球選手権大会 組み合わせ

 

3月11日より

第66回関東地区大学準硬式野球選手権大会

が開幕致します。

本学の初戦は

3月14日(木)10:00 PB 対 関東学院大学vs国士館世田谷の勝者 @星槎中井スタジアム

 

本年度、最初の公式戦となります。

関東第一代表として全日本選手権大会に出場するため

必ず優勝を掴み獲ります。

 

本年度も熱い応援の程

宜しくお願い致します。


 

 

寮周辺にお住いの地域住民の方々や大学関係者の方々と

協力し選手全員で除雪作業を行いました。

 

各地域で降雪が確認されたと思われます。

通勤、通学、外出などされる際は、スリップ転倒に十分お気をつけください。

 


 

第45回 関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦

 

11月3日(金) 10:00~ 対日本政策金融公庫 @一本杉球場 16-0 (5C) 〇

11月4日(土) 13:00~ 対神奈川大学 @八王子球場 8-1 (8C) 〇    

11月5日(日) 10:00~ 対早稲田大学 @八王子球場 6-1 〇

 

関東王座決定戦の全日程が終了し、無事優勝を成し遂げることができました。

今大会をもちまして、今シーズンの全日程が終了しました。

球場に足を運んでくださった方々、SNSなどから応援してくださった方々、

誠にありがとうございました。

来シーズンも変わらぬ応援の程、

宜しくお願い致します。


第45回 関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦

 

11月3日(土)より

第45回 関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦

行われます。

昨年の悔しさを胸に、優勝目指して一戦必勝で戦い抜きます。。

 

応援の程宜しくお願いします。

 


2023東都大学準硬式野球秋季リーグ戦 結果

 

9月1日(金) 9:30~ 対国士舘大学 @上柚木球場

9月4日の試合は、悪天候により日程が変更いたしました。

 9月6日(水) 12:45~ 対国士舘大学 @上柚木球場

         9月16日(土) 9:30~ 対東海大学 @スリーボンドスタジアム八王子

         9月17日(日) 12:45~ 対東海大学 @スリーボンドスタジアム八王子

         9月18日(月) 9:30~ 対専修大学 @スリーボンドスタジアム八王子

9月22日(金) 12:45~ 対専修大学 @上柚木球場

9月27日(水) 9:30~ 対東海大学 @上柚木球場

9月29日(金) 9:30~ 対帝京大学 @上柚木球場

10月2日(月) 12:45~ 対帝京大学 @上柚木球場

10月13日(金) 9:30~ 対帝京大学 @上柚木球場

10月20日(金) 9:30~ 対日本大学 @上柚木球場

10月23日(月) 9:30~ 対日本大学 @上柚木球場

 

 秋季リーグ戦の全日程が終了し、優勝を成し遂げることができました。

11月上旬に行われる関東王座決定戦に向けてチーム一丸となり練習に励みます。

引き続き応援の程宜しくお願い致します。

 

 

熱い御声援の程、宜しくお願い致します。


2023東都大学準硬式野球秋季リーグ戦 日程

 

9月1日から東都大学準硬式野球秋季リーグ戦が開幕します。

全日本大会の悔しさを胸にチーム一丸で優勝を掴み取り、

関東王座決定戦への出場権を獲得できるよう

一戦必勝で戦い抜きます。

応援の程宜しくお願いします。

 


文部科学大臣杯第75回全日本大学準硬式野球選手権記念大会

 

 一回戦 8月23日(水) 9:30~ 対甲南大学 5-0〇

二回戦 8月24日(木) 10:00~ 対東海大学 6-2〇

三回戦 8月26日(土) 10:00~ 対名城大学 4-0〇

準決勝 8月27日(日) 13:00~ 対日本大学 2-0 ●

 

準決勝で日本大学に敗戦致しました。

遠方にも関わらず、球場まで足を運んでいただき有難う御座いました。

9月1日から始まる秋季リーグ戦に向けて

またチーム一丸となって取り組んでいきます。

引き続き応援の程宜しくお願いします。


~文部科学大臣杯第75回全日本大学準硬式野球選手権記念大会  日程変更~

 

8月24日(木)南港中央球場の第二試合

九州共立大学対名城大学

が悪天候により中止となりました。

 

日程変更は以下のようになります。

 

26日(土)準々決勝

南港中央野球場

1試合目 10:00〜

中央大VS名城大と九州共立の勝者

 

27日(日)準決勝

くら寿司スタジアム

1試合目10:00〜

2試合目13:00〜

※中央大は2試合目

 

28日(月)決勝

 

くら寿司スタジアム 10:00〜

 

ご確認の程宜しくお願いします。

 


 

~秋田合宿 ~

 

 

8月12日(土)~8月21日(月)まで秋田合宿が行われました。

 

球場まで足を運んで頂き誠に有難う御座いました。

七年ぶりの日本一奪還に向けて一戦必勝で戦い抜きます。

応援の程宜しくお願いします。

  

8月12日(土)1日目

8月13日(日)2日目

8月14日(月)3日目

8月15日(火)4日目

8月16日(水)5日目

8月17日(木)6日目

8月18日(金)7日目

8月19日(土)8日目

8月20日(日)9日目

琴丘公園スカルパ球場:〒018-2104 秋田県山本郡三種町鹿渡盤若台75−1 

ホテル森山館:〒018-2303  秋田県山本郡三種町森岳木戸沢115−72

 

 

 


文部科学大臣杯第75回全日本大学準硬式野球選手権記念大会 組み合わせ 

 

文部科学大臣杯第75回全日本大学準硬式野球選手権の組み合わせが決定致しました。

本学の初戦は

8月23日(土) 9:30~ 対甲南大学 @久宝寺緑地野球場

にて行われます。

 

近年遠ざかっている日本一に向けて一戦必勝で戦い抜きます。

熱い応援の程宜しくお願いします。

 

 

 


2023年度 第6回アルシスコーポレーション

カレッジベースボールカップ東都大学準硬式野球

THE ROOKIE TOURNAMENT

 

 6月5日(月) 8:45~ 対日本体育大学 15-1 〇

6月6日(火) 8:45~ 対青山学院大学 3-0    ●

6月14日(水) 8:45~ 対亜細亜大学 6₋2 〇

6月19日(月) 9:30~ 対国士舘大学 14₋1 〇

6月23日(金)9:15~ 対専修大学 3₋1 〇

 


全日本大会出場予選会 結果 

 

6月4日(日) 対日本大学三崎町 @中大硬式G 10x-0(5c)〇

 

本試合で勝利を収め、全日本選手権への出場権を獲得しました。

 

本年は関東大会で早稲田大学に敗戦し

春季リーグ戦、予選会と負けられない中での試合が続きました。

 

全日本選手権への出場はスタート地点と考え、

8月22日から大阪で行われる大会に向け

選手全員で一丸となり、近年遠ざかっている日本一に向け万全の準備で臨みます。

 

引き続き熱い御声援、宜しくお願い致します。


2023年度東都大学準硬式野球 春季リーグ戦 結果

 

 

3月29日(水) 9:30~ 対國學院大学 5-2〇

3月30日(木) 12:45~ 対國學院大学 3-1〇

4月16日(日) 9:30~ 対専修大学 11-0〇(8c)

4月17日(月) 12:45~ 対専修大学 5-0〇

4月24日(月) 9:30~ 対帝京大学 5-2〇

4月25日(火) 12:45~ 対帝京大学 1-2☓〇

5月4日(木) 9:30~ 対日本大学 10-5〇 

5月5日 12:15~ 対日本大学 17-1〇(7c)

5月6日(土) 9:30~ 対東海大学 4-0〇

 

5月13日(土) 12:45~ 対東海大学 8-1〇 

 

 本日をもって、春季リーグ戦の全日程が終了し、目標であった全勝優勝を成し遂げることができました。

6月上旬に行われる全日本選手権を懸けた予選会に向けてチーム一丸となり練習に励みます。

引き続き応援の程宜しくお願い致します。

 

 

熱い御声援の程、宜しくお願い致します。


第65回関東地区大学準硬式野球選手権大会 結果

 

 

3月16日(木) 9:00~ 対学習院大学 @浦和球場  5-0 〇

3月17日(金) 10:00~ 対早稲田大学 @一本杉球場 5-7 ●

 

4回戦 対早稲田大学戦で敗退してしまいました。

これにより、関東大会三連覇と関東第一代表としての全日本大会出場権を逃してしまいました。

 

全日本大会に出場するためには、春季リーグ戦で優勝することが必要となります。

春季リーグ戦で優勝できるよう、もう一度チーム全員で練習に取り組んで参ります。

 

今後とも熱いご声援の程、宜しく御願い致します。


~浜松合宿~

2月20日(月)~26日(日)浜松合宿が行われました。

 

球場まで足を運んで頂き誠に有難う御座いました。

関東大会で優勝し全日本選手権の出場権を獲得できるよう

一戦必勝で試合に臨みたいと思います。

 

熱い応援の程、宜しくお願い致します。

 

2月20日(月) 1日目

2月21日(火) 2日目

2月22日(水) 3日目

 2月23日(木) 4日目

2月24日(金) 5日目

2月25日(土) 6日目

2月26日(日) 7日目

 

 

宿舎:湖畔の家 

〒431-3763 静岡県浜松市天竜区月963−1

練習場:天竜球場

〒431-3306 静岡県浜松市天竜区船明2660


日野市一斉清掃のお手伝い

 

11月27日(日)に行われました

日野市一斉清掃にボランティアとして参加しました。

 

日頃より利用している南平駅や寮周辺の清掃活動を行いました。

落ち葉やゴミを拾い、

地域の皆様にも応援して頂けるよう

このような機会があったら積極的に参加して参ります。

 

オフシーズンの練習やトレーニングにも精力的に取り組みます。


【第44回関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦 準優勝】

 

 

一回戦 11月5日(土) 対慶応大学 @早稲田大学東伏見グランド 9-1(7c)〇

 

準決勝 11月6日(日) 対日本大学三崎町 @八王子市民球場 6-0〇

 

決勝 11月12日(土) 対神奈川大学 @八王子市民球場 1-2●

 

 

決勝戦の敗戦をもちまして

第44回関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦の準優勝が決定致しました。

熱い応援の程、誠に有難う御座いました。

 

 

これにて今シーズンの全ての日程が終了致しました。

私達中央大学準硬式野球部への熱い御声援の程、宜しくお願い致します。

 



~2022年度 東都大学準硬式野球秋季リーグ戦 優勝~

 

2022年度東都大学準硬式野球秋季リーグ戦の全日程が終了致しました。

 

 

全日本選手権で敗れた日本大学戦二戦目の勝利を持ちまして、

6季連続68回目のリーグ戦優勝を果たすことが出来ました。

約2ヶ月間にわたり沢山の熱い御声援を頂き誠に有難う御座います。

 

この優勝の勢いを緩めず、11月5日(土)に初戦を迎える関東王座決定戦も優勝することが出来るよう

 

今後とも精進して参ります。

 

 

  9月3日(土) 9:30~ 対専修大学   7-1〇

 9月4日(日) 12:45~ 対専修大学   6-5〇

 9月17日(土) 9:30~ 対帝京大学   0-1● 

        9月21日(水) 12:45~ 対帝京大学   11-5〇

9月29日(木) 9:30~ 対東海大学  3-0〇

   9月30日(金) 9:30~ 対東海大学   5-1〇

  10月4日(火) 9:30~ 対日本大学   5-4〇

   10月5日(水) 12:45~ 対日本大学   11-4〇

      10月24日(月) 9:30~ 対国士舘大学  14-3〇(7c)

   10月25日(火) 9:30~ 対国士舘大学    4-2〇

 


<第74回全日本大学準硬式野球選手権大会>

 

第74回全日本大学準硬式野球選手権大会

試合結果

 

   8月24日(水) 9:00PB  対福岡大学 @レクザムBP丸亀  5-1〇

   8月25日(木) 9:00PB 対日本大学 @レクザムスタジアム  0-2●

 

 3回戦の結果を持ちまして、本大会はベスト8という結果で終了致しました。

沢山の御声援、誠に有難う御座いました。

来年こそは目標である日本一を掴み取れるよう

今後共日々の練習に励んで参ります。


~秋田合宿~

 

8月6日(土)から夏季強化合宿が秋田県にて行われました。

日誌をブログにて掲載していますのでご覧下さい。

8月6日 1日目

8月7日 2日目

8月8日 3日目

8月9日 4日目

8月10日 5日目

8月11日 6日目

8月12日 7日目 三種町長杯 対東北学院大学 4回雨天ノーゲーム

8月13日 8日目 三種町長杯 対東北学院大学 6-2〇

8月14日 9日目 


  第5回アルシスコーポレーションカレッジベースボールカップ

東都大学準硬式野球 THE ROOKIE TOURNAMENT 準優勝

 

この度、第5回アルシスコーポレーションカレッジベースボールカップ

東都大学準硬式野球 THE ROOKIE TOURNAMENTにおいて

準優勝で全日程を終了致しました。

 

今大会の敗戦の悔しさを胸に、全日本選手権に向けて猛練習に励んで参ります。

今大会も沢山の御声援、誠に有難う御座いました。

 

〈試合結果〉

~予選リーグ~

6月7日(火) 8:45~ 対日本体育大学 @上柚木球場 3-1〇

6月13日(月) 8:45~ 対法政大学二部 @上柚木球場 8-0〇

6月17日(金) 8:45~ 対青山学院大学 @上柚木球場 13-0〇

 

 

~準決勝~

6月21日(火) 9:30~ 対日本体育大学 @上柚木球場 6-2〇

~決勝~

6月26日(日) 9:30~ 対東海大学 @八王子市民球場 0-3●

 

 

*尚、今大会の優秀選手賞として本大会で安定した投球を披露した

田中駿佑(投手・大崎2)が受賞しました。

株式会社アルシスコーポレーション様よりオーダーグローブが贈呈されました。

 


2022年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝

 

この度、2022年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦

優勝が決定しました。

沢山の応援、誠に有難う御座いました。

昨年と同様、関東大会と東都リーグ優勝校として

全日本選手権に臨むことが出来ます。

昨年の悔しさを晴らせるよう、

今後の練習により一層励んで参ります。

 

今後共、応援の程、宜しく御願い致します。


2022年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦 優勝

  

4月2日(土) 9:30 対国士舘大学   2-0○

4月8日(金) 9:30 対国士舘大学   4-2○

4月19日(火) 9:30 対日本大学   7-1○ 

5月1日(日) 9:30 対帝京大学   3-9●

5月2日(月) 9:30 対専修大学   4-2○

5月3日(火) 12:45 対帝京大学   0-1●

5月11日(水) 13:30 対専修大学   9-0○

5月15日(日) 9:30 対東海大学   7-5○

5月16日(月) 9:30 対東海大学   5-3○

5月20日(金) 12:45 対日本大学   7-2○

 

2022年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦の優勝を掴むことが出来ました。

全日本選手権への良い弾みをつけることが出来ました。

春季リーグ戦で出た反省を生かし、全日本選手権の優勝を達成できるよう

練習に励んで参ります。

 

6月6日(月)から始まる新人戦でも優勝を飾れるよう

挑戦者として試合に臨みます。

 

沢山の応援、誠に有難う御座いました。

今後共、宜しく御願い致します。

 


【第64回関東地区大学準硬式野球選手権大会 優勝】

 

3回戦 3月17日(木) p.m. 13:00  千葉大学  15-2〇

4回戦 3月19日(土) a.m. 9:00  関東学院大学  2ー0〇

準々決勝 3月23日 (水) p.m. 13:00 國學院大学 7-4〇

 準決勝 3月24日 (木) p.m. 13:00 東海大学 6-4〇

決勝 3月25日 (金) p.m.13:00 国士舘大学 2-0〇

 

 

第64回関東地区大学準硬式野球選手権大会

優勝を掴むことが出来ました。

同時に、全日本選手権の出場権も獲得することが出来ました。

沢山の応援、誠に有難う御座いました。

 

4月1日(金)から始まる春季リーグ戦でも

私達らしい粘り強い野球で優勝したいと思います。

 

今後共、応援の程、宜しく御願い致します。


〜 優勝報告 〜

本日はOB会会長である野々下様のご自宅を訪問させて頂きました。

新型コロナウイルス感染を避ける為、先日を持って引退した四年生のみ訪問となります。

秋季リーグ戦の優勝旗、関東王座優勝の盾を持参し、常日頃から大変お世話になっております野々下様に

私達の優勝報告させて頂きました。

 

私達が今年五冠を達成出来たというのも野々下様を始め、今まで伝統を築き上げてきたOBOGの方々、

そして、応援する会会長の佐々木様を始めとする応援する会の方々のお陰です。

 

来年こそは全日本大会を優勝し応援して下さる皆様に「日本一」を必ず届けたいと思います。

今後共ご声援の程宜しくお願い致します。


次戦のお知らせ


 

 


今後の日程


 

 


OB・OGの皆様へ


住所・電話番号変更の際のご連絡について

 

 住所や電話番号、苗字などの変更がございましたら

 以下のメールアドレスにてご変更の主旨をご連絡ください。

 その際に「変更後のお名前・住所・お電話番号」と共に

 「変更前のお名前・住所・お電話番号」もご記載下さるようお願い致します。

 

 ✉️ chuojunko.ob@gmail.com


ブログ速報

2024 春季リーグ戦 対日本大学 二戦目

日本大学 000 000 000 = 0

中央大学 100 001 00× = 2

 

1番二 村田(大崎2)

 7回二 城(静岡4)

2番捕 岡部(佐賀商業2)

 9回捕 若林(平田3)

3番遊 功刀(山梨学院4)

4番指 佐竹(県立岐阜商業4)

5番中 原田(三重3)

 6回打右 山井(中越1)

6番一 高垣(大崎4)

 7回一 岩井(東海大菅生3)

7番右 井ノ上(中央学院2)

 7回打 田中元(能代松蔭2)

 8回中 松浦(掛川西3)

8番五 吉井(中越2)

 8回三 大森(山梨学院1)

9番左 古積(八千代松蔭1)

 6回走左 相野(花巻東3)

 

投手 大山(興南3)

    6回      木藤(浦和学院4)

 7回  佐々木(横手1)

 8回  萬谷(花巻東2)

 8回途中  田中駿(大崎4)

 

 

本日行われた東都大学準硬式野球春季リーグ戦対日本大学は、中央大学の後攻で行われました。

試合は、一回裏、先頭村田が左線二塁打で出塁し、2番岡部の犠打で一死三塁とします。続く3番功刀の中犠飛により、1点を先制します。5回裏、一死から6番高垣が左線二塁打で出塁し、一死二塁の好機を作りますが、後続が打ち取られ無失点で終わります。6回裏、先頭の古積が四球で出塁し、1番村田の犠打で一死二塁とします。続く2番岡部が左安打で繋ぎ、一死一塁三塁から3番功刀の左適時打で1点を追加します。先発大山は、5回を投げて被安打1の完璧な投球で試合を作ります。6回からマウンドに上がった木藤は、気迫の投球で三者凡退に打ち取ります。7回は佐々木がピンチを招くも丁寧に投げきり無失点で繋ぎます。8回からマウンドに上がった萬谷は一死から3連打を浴び、満塁とされますが、変わった田中駿が気迫の投球で後続を打ち取り無失点で切り抜けます。9回表も田中駿が、三者凡退で抑え、2対0で中央大学が勝利致しました。

本日をもちまして、2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦の全日程終了致しました。本日の勝利を持って、勝ち点5の完全優勝を達成することが出来ました。

熱いご声援の程、誠に有難う御座いました。

2024 春季リーグ戦 対日本大学 一戦目

中央大学  000 003 110 = 5

日本大学  000 000 000 = 0

 

1番二 村田(大崎2)

2番捕 岡部(佐賀商2)

 9回走 原田(三重3)

 9回捕 若林(平田3)

3番中 松浦(掛川西3)

 6回打中 三橋(八千代松蔭4)

 7回打 城(静岡4)

 7回中 沼澤(東海大菅生1)

4番遊 功刀(山梨学院4)

5番指 佐竹(県岐阜商4)

 8回走 大森(山梨学院1)

6番一 岩井(東海大菅生3)

 8回一 加藤(桐生第一4)

7番右 井ノ上(中央学院2)

 6回打右 高垣(大崎4)

8番三 吉井(中越2)

   9回三 堀川(花巻東1)

9番左 相野(花巻東3)

 9回左 古積(八千代松蔭1)

 

投手 三浦(能代松陽2)

 8回  田中駿(大崎4)

 9回  齋藤(能代松陽1)

 

本日、スリーボンドスタジアム八王子にて行われました2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦対日本大学は、中央大学が先攻で行われました。

1、2回両チーム共に走者を出しながらも抑えられ、5回まで両チーム得点が入らないまま試合が進みます。試合は、6回に動きます。先頭の相野が三バ安打で出塁し、1番の村田が犠打で一死ニ塁とし、2番の岡部の四球で一死一塁二塁とします。二死から四番功刀が四球を選び二死満塁とし、五番佐竹のニ適時内野安打、岩井の遊適時内野安打により3点を先制します。7回表、先頭吉井が四球で出塁し、9番岡部の犠打で一死二塁とします。続く1番村田の三ゴロに相手三塁手の悪送球が絡み1点を追加します。8回表、先頭の佐竹が左越二塁打で出塁し、8番吉井の左適時打で1点を追加します。先発三浦は、7回を投げて被安打3の安定した投球で試合を作ります。三浦の後を投げた田中駿、斎藤も要所を抑え、5対0で中央大学が勝利致しました。

本日の試合は、失策2と守備面でのミスが見られました。当たり前の事を当たり前の行い、次戦も守り勝つ野球を展開していきたいと思います。

次戦は、5月19日(日)9時30分からスリーボンドスタジアム八王子にて、日本大学と行われます。

次戦も熱いご声援の程宜しくお願い致します。

2024 春季リーグ戦 対帝京大学 二戦目

帝京大学 000 000 000 = 0

中央大学 001 001 43X = 9

 

1番中 松浦 (掛川西3)

 7回右

2番二 村田 (大崎2)

  9回二 城 (静岡4)

3番遊 功刀 (山梨学院4)

4番指 佐竹 (県岐阜商4)

5番一 岩井 (東海大菅生3)

  9回一 加藤 (桐生第一4)

6番右 高垣 (大崎4)

  7回走中 沼澤 (東海大菅生1)

7番左 相野 (花巻東3)

  8回打捕 川原 (大崎1) 

8番捕 岡部 (佐賀商2)

  9回左 古積 (八千代松蔭1)

9番三 吉井 (中越2)

  8回打 大森 (山梨学院1)

  8回走三 酒井 (岡山学芸館3)

 

 投手 

   大山 (興南3)

 

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木で行われました2024年度東都大学準硬式春季リーグ戦対帝京大学は、中央大学が後攻で行われました。

試合は両先発が完璧な立ち上がりを見せます。3回裏、一死から8番岡部が右安打で出塁し盗塁を決め、二死二塁とします。続く1番松浦の三ゴロに相手三塁手の悪送球が絡み1点を先制します。6回裏、先頭松浦の右安打と二番村田の投犠打で一死二塁とします。続く3番功刀のニゴロにより三塁へ進塁し、4番佐竹が中適時打を放ち1点を追加します。7回裏、6番高垣と7番相野の連続四球により無死一塁ニ塁とし、8番岡部の三バ安により無死満塁とします。続く9番吉井がツーランスクイズを決め2点を追加します。さらに、二死三塁から2番村田と3番功刀が連続適時打を放ち、2点を追加します。8回裏、先頭沼澤が右翼手失策により出塁し無死三塁とします。続く8番岡部の遊ゴロの間に生還し1点を追加します。さらに、代打大森が左安打を放ち、1番松浦が四球を奪い二死一塁二塁とします。続く2番村田が左適時打と相手野手の悪送球が絡み2点を追加します。9回表、大山が先頭に左中二塁打を許しますが、後続を丁寧に抑え、9対0で中央大学が勝利致しました。

本日の勝利を持ちまして、中央大学の東都大学準硬式野球春季リーグ戦の優勝が決定致しました。目標の日本一に向けて残りの試合もチーム一丸となって戦って参ります。

次戦は5月18日(土)に日本大学とスリーボンドスタジアム八王子にて9時30分より行われます。次戦も熱いご声援の程宜しく御願い致します。

2024 春季リーグ戦 対帝京大学 一戦目

中央大学  000 200 100 = 3

帝京大学  001 000 000 = 1

 

1番中 松浦(掛川西3)

   7回右

   9回打左 古積(八千代松陰1)

2番捕 岡部(佐賀商2)

   9回打捕 田中元(能代松陽2)

3番遊 功刀(山梨学院4)

4番三 山口(大崎2)

  6回三 吉井(中越2)

5番一 岩井(東海大菅生3)

  8回打一 加藤(桐生第一4)

6番指 佐竹(県岐阜商4)

 8回打 三橋(八千代松陰4)

7番右 高垣(大崎4)

   7回走中 佐々木(横手1)

8番左 相野(花巻東3)

  9回打右  井ノ上(中央学院2)

9番二 村田(大崎2)

  9回打二 城(静岡4)

 

投手

三浦(能代松陽2)

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて行われました2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦対帝京大学は、中央大学が先攻で行われました。

試合は、両先発が完璧な立ち上がりを見せます。3回裏、二死から振逃で出塁を許し、2番打者に中越適時三塁打を放たれ1点を先制されます。4回表、二死から6番佐竹の右安打、7番高垣の三ゴロ失により二死二塁三塁とし、8番相野が右適時打を放ち、逆転に成功します。7回表、先頭高垣が四球で出塁し、8番相野の犠打で一死二塁とし、9番村田、1番松浦の連続四球により一死満塁とします。続く2番岡部の押し出し死球で1点を追加します。

3回に失点した先発三浦は、4回以降、丁寧にコースを投げ分け、無失点で相手打線を抑え、3対1で中央大学が勝利致しました。

本日の試合は、4安打と相手投手に苦しめられましたが、固い守りで中央大学のペースで試合を展開することが出来ました。このカードで勝ち点を取れば、リーグ優勝となります。チーム一丸となって次戦に挑みます。

 

次戦は、5月7日(火)12時45分からスリーボンドベースボールパーク上柚木にて帝京大学と行われます。次戦も熱いご声援の程宜しくお願い致します。

2024 春季リーグ戦 対国士館大学 二戦目

国士舘大学 000 000 0   =  0

中央大学     521 100 1× = 10

 

1番左 相野(花巻東3)

    6回打 左  井ノ上(中央学院2)

2番二   吉井(中越2)

   5回二  大森(山梨学院1)

3番遊   功刀(山梨学院4)

 7回三

4番三 山口(大崎2)

   7回遊  村田(大崎2)

5番一 岩井(東海大菅生2)

   6回打   山井(中越1)

   7回一   加藤(桐生第一4)

6番指    佐竹(県立岐阜商業4)

    6回打  城(静岡4)

7番中    松浦(掛川西3)

    6回打中  古積(八千代松陰1)

8番捕 田中(能代松陽2)

    7回捕  堀川(花巻東1)

9番右   沼澤(東海大菅生1)

   5回打   三橋(八千代松陰4)

 

投手  大山(興南3)

 6回  萬谷(花巻東2)

  7回    田中(大崎4)

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて行われました東都大学準硬式野球春季リーグ戦対国士舘大学は、中央大学の後攻で行われました。

試合は1回裏、2つの四球で一死一塁三塁とし、4番山口の右犠飛により1点を先制します。二死二塁から、岩井、佐竹、松浦、田中元の四者連続適時打により、4点を追加します。2回裏、先頭相野が三バ安打で出塁し、盗塁を決め一死二塁とします。ここで3番功刀の右越本塁打が飛び出し、2点を追加します。3回裏、6番佐竹の左中二塁打で無死二塁とし、松浦の中前適時打により1点を追加します。4回裏、先頭吉井が遊安で出塁し、3番功刀の投バ安に相手の失策が絡み無死一塁三塁とします。続く4番山口と5番岩井の連続四球で1点を追加します。7回裏、先頭三橋の遊安と相手の悪送球で無死二塁とし、井ノ上の進塁打で三塁に進塁します。その後二死三塁から、3番功刀の打球を相手二塁手が失策し1点を加え、10対0の7回コールドで中央大学が勝利致しました。

先発大山は、立ち上がりは少し苦しんだものの、5回を無失点に抑える投球をみせました。大山の後を投げた萬谷と田中駿も、ランナーを背負いながら粘りの投球で無失点に抑えきりました。

本日の試合は打線の繋がりが良く、投手陣を中心に守備から流れを持っていく事が出来ました。次戦も勝ちに拘り、中央大学らしい野球を展開します。

次戦は5月6日(月)9時30分から、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて帝京大学と行われます。次戦も熱い応援の程宜しく御願い致します。

2024 春季リーグ戦 対日本大学 二戦目

日本大学 000 000 000 = 0

中央大学 100 001 00× = 2

 

1番二 村田(大崎2)

 7回二 城(静岡4)

2番捕 岡部(佐賀商業2)

 9回捕 若林(平田3)

3番遊 功刀(山梨学院4)

4番指 佐竹(県立岐阜商業4)

5番中 原田(三重3)

 6回打右 山井(中越1)

6番一 高垣(大崎4)

 7回一 岩井(東海大菅生3)

7番右 井ノ上(中央学院2)

 7回打 田中元(能代松蔭2)

 8回中 松浦(掛川西3)

8番五 吉井(中越2)

 8回三 大森(山梨学院1)

9番左 古積(八千代松蔭1)

 6回走左 相野(花巻東3)

 

投手 大山(興南3)

    6回      木藤(浦和学院4)

 7回  佐々木(横手1)

 8回  萬谷(花巻東2)

 8回途中  田中駿(大崎4)

 

 

本日行われた東都大学準硬式野球春季リーグ戦対日本大学は、中央大学の後攻で行われました。

試合は、一回裏、先頭村田が左線二塁打で出塁し、2番岡部の犠打で一死三塁とします。続く3番功刀の中犠飛により、1点を先制します。5回裏、一死から6番高垣が左線二塁打で出塁し、一死二塁の好機を作りますが、後続が打ち取られ無失点で終わります。6回裏、先頭の古積が四球で出塁し、1番村田の犠打で一死二塁とします。続く2番岡部が左安打で繋ぎ、一死一塁三塁から3番功刀の左適時打で1点を追加します。先発大山は、5回を投げて被安打1の完璧な投球で試合を作ります。6回からマウンドに上がった木藤は、気迫の投球で三者凡退に打ち取ります。7回は佐々木がピンチを招くも丁寧に投げきり無失点で繋ぎます。8回からマウンドに上がった萬谷は一死から3連打を浴び、満塁とされますが、変わった田中駿が気迫の投球で後続を打ち取り無失点で切り抜けます。9回表も田中駿が、三者凡退で抑え、2対0で中央大学が勝利致しました。

本日をもちまして、2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦の全日程終了致しました。本日の勝利を持って、勝ち点5の完全優勝を達成することが出来ました。

熱いご声援の程、誠に有難う御座いました。

2024 春季リーグ戦 対日本大学 一戦目

中央大学  000 003 110 = 5

日本大学  000 000 000 = 0

 

1番二 村田(大崎2)

2番捕 岡部(佐賀商2)

 9回走 原田(三重3)

 9回捕 若林(平田3)

3番中 松浦(掛川西3)

 6回打中 三橋(八千代松蔭4)

 7回打 城(静岡4)

 7回中 沼澤(東海大菅生1)

4番遊 功刀(山梨学院4)

5番指 佐竹(県岐阜商4)

 8回走 大森(山梨学院1)

6番一 岩井(東海大菅生3)

 8回一 加藤(桐生第一4)

7番右 井ノ上(中央学院2)

 6回打右 高垣(大崎4)

8番三 吉井(中越2)

   9回三 堀川(花巻東1)

9番左 相野(花巻東3)

 9回左 古積(八千代松蔭1)

 

投手 三浦(能代松陽2)

 8回  田中駿(大崎4)

 9回  齋藤(能代松陽1)

 

本日、スリーボンドスタジアム八王子にて行われました2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦対日本大学は、中央大学が先攻で行われました。

1、2回両チーム共に走者を出しながらも抑えられ、5回まで両チーム得点が入らないまま試合が進みます。試合は、6回に動きます。先頭の相野が三バ安打で出塁し、1番の村田が犠打で一死ニ塁とし、2番の岡部の四球で一死一塁二塁とします。二死から四番功刀が四球を選び二死満塁とし、五番佐竹のニ適時内野安打、岩井の遊適時内野安打により3点を先制します。7回表、先頭吉井が四球で出塁し、9番岡部の犠打で一死二塁とします。続く1番村田の三ゴロに相手三塁手の悪送球が絡み1点を追加します。8回表、先頭の佐竹が左越二塁打で出塁し、8番吉井の左適時打で1点を追加します。先発三浦は、7回を投げて被安打3の安定した投球で試合を作ります。三浦の後を投げた田中駿、斎藤も要所を抑え、5対0で中央大学が勝利致しました。

本日の試合は、失策2と守備面でのミスが見られました。当たり前の事を当たり前の行い、次戦も守り勝つ野球を展開していきたいと思います。

次戦は、5月19日(日)9時30分からスリーボンドスタジアム八王子にて、日本大学と行われます。

次戦も熱いご声援の程宜しくお願い致します。

2024 春季リーグ戦 対帝京大学 二戦目

帝京大学 000 000 000 = 0

中央大学 001 001 43X = 9

 

1番中 松浦 (掛川西3)

 7回右

2番二 村田 (大崎2)

  9回二 城 (静岡4)

3番遊 功刀 (山梨学院4)

4番指 佐竹 (県岐阜商4)

5番一 岩井 (東海大菅生3)

  9回一 加藤 (桐生第一4)

6番右 高垣 (大崎4)

  7回走中 沼澤 (東海大菅生1)

7番左 相野 (花巻東3)

  8回打捕 川原 (大崎1) 

8番捕 岡部 (佐賀商2)

  9回左 古積 (八千代松蔭1)

9番三 吉井 (中越2)

  8回打 大森 (山梨学院1)

  8回走三 酒井 (岡山学芸館3)

 

 投手 

   大山 (興南3)

 

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木で行われました2024年度東都大学準硬式春季リーグ戦対帝京大学は、中央大学が後攻で行われました。

試合は両先発が完璧な立ち上がりを見せます。3回裏、一死から8番岡部が右安打で出塁し盗塁を決め、二死二塁とします。続く1番松浦の三ゴロに相手三塁手の悪送球が絡み1点を先制します。6回裏、先頭松浦の右安打と二番村田の投犠打で一死二塁とします。続く3番功刀のニゴロにより三塁へ進塁し、4番佐竹が中適時打を放ち1点を追加します。7回裏、6番高垣と7番相野の連続四球により無死一塁ニ塁とし、8番岡部の三バ安により無死満塁とします。続く9番吉井がツーランスクイズを決め2点を追加します。さらに、二死三塁から2番村田と3番功刀が連続適時打を放ち、2点を追加します。8回裏、先頭沼澤が右翼手失策により出塁し無死三塁とします。続く8番岡部の遊ゴロの間に生還し1点を追加します。さらに、代打大森が左安打を放ち、1番松浦が四球を奪い二死一塁二塁とします。続く2番村田が左適時打と相手野手の悪送球が絡み2点を追加します。9回表、大山が先頭に左中二塁打を許しますが、後続を丁寧に抑え、9対0で中央大学が勝利致しました。

本日の勝利を持ちまして、中央大学の東都大学準硬式野球春季リーグ戦の優勝が決定致しました。目標の日本一に向けて残りの試合もチーム一丸となって戦って参ります。

次戦は5月18日(土)に日本大学とスリーボンドスタジアム八王子にて9時30分より行われます。次戦も熱いご声援の程宜しく御願い致します。

2024 春季リーグ戦 対帝京大学 一戦目

中央大学  000 200 100 = 3

帝京大学  001 000 000 = 1

 

1番中 松浦(掛川西3)

   7回右

   9回打左 古積(八千代松陰1)

2番捕 岡部(佐賀商2)

   9回打捕 田中元(能代松陽2)

3番遊 功刀(山梨学院4)

4番三 山口(大崎2)

  6回三 吉井(中越2)

5番一 岩井(東海大菅生3)

  8回打一 加藤(桐生第一4)

6番指 佐竹(県岐阜商4)

 8回打 三橋(八千代松陰4)

7番右 高垣(大崎4)

   7回走中 佐々木(横手1)

8番左 相野(花巻東3)

  9回打右  井ノ上(中央学院2)

9番二 村田(大崎2)

  9回打二 城(静岡4)

 

投手

三浦(能代松陽2)

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて行われました2024年度東都大学準硬式野球春季リーグ戦対帝京大学は、中央大学が先攻で行われました。

試合は、両先発が完璧な立ち上がりを見せます。3回裏、二死から振逃で出塁を許し、2番打者に中越適時三塁打を放たれ1点を先制されます。4回表、二死から6番佐竹の右安打、7番高垣の三ゴロ失により二死二塁三塁とし、8番相野が右適時打を放ち、逆転に成功します。7回表、先頭高垣が四球で出塁し、8番相野の犠打で一死二塁とし、9番村田、1番松浦の連続四球により一死満塁とします。続く2番岡部の押し出し死球で1点を追加します。

3回に失点した先発三浦は、4回以降、丁寧にコースを投げ分け、無失点で相手打線を抑え、3対1で中央大学が勝利致しました。

本日の試合は、4安打と相手投手に苦しめられましたが、固い守りで中央大学のペースで試合を展開することが出来ました。このカードで勝ち点を取れば、リーグ優勝となります。チーム一丸となって次戦に挑みます。

 

次戦は、5月7日(火)12時45分からスリーボンドベースボールパーク上柚木にて帝京大学と行われます。次戦も熱いご声援の程宜しくお願い致します。

2024 春季リーグ戦 対国士館大学 二戦目

国士舘大学 000 000 0   =  0

中央大学     521 100 1× = 10

 

1番左 相野(花巻東3)

    6回打 左  井ノ上(中央学院2)

2番二   吉井(中越2)

   5回二  大森(山梨学院1)

3番遊   功刀(山梨学院4)

 7回三

4番三 山口(大崎2)

   7回遊  村田(大崎2)

5番一 岩井(東海大菅生2)

   6回打   山井(中越1)

   7回一   加藤(桐生第一4)

6番指    佐竹(県立岐阜商業4)

    6回打  城(静岡4)

7番中    松浦(掛川西3)

    6回打中  古積(八千代松陰1)

8番捕 田中(能代松陽2)

    7回捕  堀川(花巻東1)

9番右   沼澤(東海大菅生1)

   5回打   三橋(八千代松陰4)

 

投手  大山(興南3)

 6回  萬谷(花巻東2)

  7回    田中(大崎4)

 

本日、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて行われました東都大学準硬式野球春季リーグ戦対国士舘大学は、中央大学の後攻で行われました。

試合は1回裏、2つの四球で一死一塁三塁とし、4番山口の右犠飛により1点を先制します。二死二塁から、岩井、佐竹、松浦、田中元の四者連続適時打により、4点を追加します。2回裏、先頭相野が三バ安打で出塁し、盗塁を決め一死二塁とします。ここで3番功刀の右越本塁打が飛び出し、2点を追加します。3回裏、6番佐竹の左中二塁打で無死二塁とし、松浦の中前適時打により1点を追加します。4回裏、先頭吉井が遊安で出塁し、3番功刀の投バ安に相手の失策が絡み無死一塁三塁とします。続く4番山口と5番岩井の連続四球で1点を追加します。7回裏、先頭三橋の遊安と相手の悪送球で無死二塁とし、井ノ上の進塁打で三塁に進塁します。その後二死三塁から、3番功刀の打球を相手二塁手が失策し1点を加え、10対0の7回コールドで中央大学が勝利致しました。

先発大山は、立ち上がりは少し苦しんだものの、5回を無失点に抑える投球をみせました。大山の後を投げた萬谷と田中駿も、ランナーを背負いながら粘りの投球で無失点に抑えきりました。

本日の試合は打線の繋がりが良く、投手陣を中心に守備から流れを持っていく事が出来ました。次戦も勝ちに拘り、中央大学らしい野球を展開します。

次戦は5月6日(月)9時30分から、スリーボンドベースボールパーク上柚木にて帝京大学と行われます。次戦も熱い応援の程宜しく御願い致します。

全日本大会出場予選会の日程が確定しました。
6月3日(土) 10:00〜 対日本大学三崎町 @上柚木球場
この一戦で勝利を収めることが出来れば、全日本選手権大会の出場権を得ます。一戦必勝で戦い抜きます。
熱い応援の程、宜しく御願い致します。