部長・監督・コーチ

部長 柳川 重規

中央大学法学部



監督 池田 浩二(平成元年卒)

1966年7月5日生まれ埼玉県出身
埼玉県立大宮東高校入学、1年春よりレギュラーとして活躍3年次には主将として初の県大会優勝。中央大学文学部進学後、1年春よりレギュラーとしてベストナイン4回。首位打者1回4年次には全日本大学準硬式野球選抜代表チームの副主将としてブラジル遠征に参加。卒業後は学校法人中央大学勤務となり同時にコーチに就任し助監督を経て2005年より監督に就任。 またブラジル野球連盟、アジア地区担当技術部長であり日伯の野球交流のために日々力をそそいでいる。



助監督 池田 走(平成5年卒)

1970年生まれ埼玉県出身
埼玉県立大宮東高校では3年春季関東大会で投手兼内野手として活躍し優勝の原動力となった。その後中央大学商学部に進学し1年春よりレギュラーとして活躍し、ベストナイン賞6回、首位打者2回を獲得。卒業後は社会人野球の名門「熊谷組」に入社し、都市対抗野球に出場するなど準硬出身者としての紳士的なプレーは知る人ぞ知る名プレーヤーであった。その後、現在の学校法人麻布学園に入職し同時に中央大学準硬式野球部コーチに就任し、現在は助監督となった。



ヘッドコーチ 小泉 友哉(平成22年卒)

1987年生まれ、沖縄県出身
沖縄県 沖縄尚学高校では主将を務め、春・夏甲子園出場を果たす。
中央大学商学部に進学し、大学でも主将を務め、全日本大会二連覇に大きく貢献した。首位打者1回、ベストナイン3回を獲得。
23年度より中央大学職員となり、ヘッドコーチを務める。



コーチ 木村 亨(平成4年卒)

帝京高校─中央大学