秋季リーグ戦 対専修大学 2戦目

専修大 302|000|000= 5

中央大 100|122|00× = 6

 

1番右 小林 (中越3)

 9回中

2番左 中森 (花巻東3)

3番三 幸喜 (長崎日大4)

4番一 伴野 (東海大菅生4)

5番指 川満 (糸満3)

 7回打 鞍田 (高岡商業4)

6番遊 功刀 (山梨学院2)

7番二 相野 (花巻東1)

 7回打 高垣 (大崎2)

 8回二 羽渕 (報徳4)

8番左 松浦 (掛川西1)

 9回右 小柳 (佐賀商業3)

9番捕 山崎 (花巻東3)

 8回走 杉田 (駿台甲府3)

 9回捕 高橋 (能代松陽4)

投手 田中 (大崎2)

 2回 大山 (興南1)

 6回 近野 (浦和学院4)

 9回 石井 (浦和学院3)

 

2022年度東都大学準硬式野球秋季リーグ戦対専修大学は、スリーボンドスタジアム八王子にて中央大学の後攻で行われました。初回、先発田中は立ち上がりに連打を浴び、後続打者から本塁打を浴び3点の先制を許します。一回裏、3番幸喜の四球で二死二塁の好機を作り、4番伴野の右前適時打で1対3と点差を縮めます。二回裏から田中に代わり大山が登板しするも三回表、死球と連打で2点を追加され1対5と点差を広げられます。三回裏、8番松浦が右前安打に足を絡め一死三塁と好機を作りますが無得点に終わります。四回裏、5番川満が死球で出塁すると6番功刀の右線二塁適時打で1点を追加し、2対5となります。五回裏、9番山崎の左前安打、1番小林の四球、2番中森の犠打で一死二塁三塁の好機を作ると、3番幸喜の右中間二塁適時打で4対5となります。六回裏、功刀が失策により出塁すると、松浦が右前安打を放ち一死一塁三塁と好機を広げます。山崎のセーフティスクイズで同点に追いつくと、小林の左前適時打で5対6となり逆転に成功します。六回から登板した近野が好投し、無失点に抑えます。九回、抑えに石井が登板し無失点に抑え、中央大学が6対5で勝利致しました。

本日の試合では序盤に失点を許しましたが中盤に連続得点で勝ち越すことが出来ました。得点圏で安打を出すことができましたが、次戦以降は終盤にも追加点を取れるよう課題点をしっかり改善していきます。

次戦は9月17日(土)スリーボンドスタジアム八王子にて9時30分から帝京大学と行われます。

絶対に負けられない試合です。

次戦も、熱い御声援の程宜しく御願い致します。