秋季リーグ戦 対東海大学 二戦目

試合詳細

東海大000100001-2

中央大11000121×-6

 

 

1番指 小宮山(日川3) 

8回小谷(健大高崎3)

2番三 岩元(尚志館2) 

7回安藤(日川4)

3番二 端岡(報徳学園3) 

4番一 長島(健大高崎4) 

5番右 眼龍(常総学院4) 

8回松元(沖縄尚学3)

6番左 山本(静岡2) 

7番遊 真谷(佐賀商3)

8番捕 千葉 (八戸学院光星4) 

9番中 大畑(報徳学園4) 

投手 林部(上田西1)

 

 東都準硬式野球秋季リーグ戦対東海大学二戦目は上柚木球場にて、先攻東海大学、後攻中央大学で行われました。

 試合は序盤から中央大ペースで進みます。1回裏、二死から3番端岡が内野安打で出塁し暴投で二死2塁とすると、4番長島の中前適時打で先制します。続く二回には一死1、3塁から9番大畑がスクイズを決め追加点を挙げます。中盤3、4、5回は無得点で終わるも6回に6番山本の適時三塁打で1点、7回に3番端岡の右前適時打と相手の失策で2点の追加点を挙げ、8回には1番小宮山がダメ押しとなる左前適時打を放ち6得点を挙げました。

 守っては先発林部が、4回と9回に適時打を許した以外は走者を出しながらも粘りの投球を見せ、9回を2失点に抑えました。

 本日は打線が効率よく得点し、自分達のペースで試合を進めることが出来ました。反省点としては4回の失点が失策から始まった事です。ミスが出てもその後をカバーすれば失点には繋がりません。ミスした後を粘り強く守りきれるようにして行きたいです。

 本日もご声援の程、誠に有難う御座いました。次戦の秋季リーグ戦対東洋大三戦目は、10月15日月曜日、上柚木球場にて9時00分開始予定です。御声援の程宜しく御願いします。