秋季リーグ戦 対東洋大学2戦目

試合詳細

東洋大00030000000 | 3

中央大10001010001× | 4×

 

1番指 小宮山(日川3) 七回裏 大浜 (八重山商工2)

2番三 岩元(尚志館2)

3番二 端岡(報徳学園3)

4番遊 長島(健大高崎4)

5番右 松元(沖縄尚学3)

6番左 山本(静岡2) 七回表 眼龍 (常総学院4)

7番一 小谷(健大高崎3)九回裏 山口雄(佐賀商2) 十回表 河島 (常葉橘4)

8番捕 森(静岡1)十一回裏 土居 (土佐2)

9番中 大畑(報徳学園4)

投手 大澤(浦和学院2)

 

 本日、八王子市民球場で行われた秋季リーグ戦対東洋大学二戦目は先攻東洋大学、後攻中央大学で始まりました。

 試合は初回に中央大学が先制します。1番小宮山が四球で出塁し、3番端岡の犠打で二死二塁の好機を作り、4番長島の中前適時安打で1点を先制します。四回表東洋大学の攻撃は二死から4番の中前安打、5番の四球で好機を作られ、6番7番の連続適時打で3点を奪われ逆転されます。五回裏中央大学は、8番森の中前安打、9番大畑の犠打で二死二塁の好機を作り、2番岩元の左前適時安打で1点を返します。七回裏には、二死から9番大畑が相手の失策で出塁し、続く1番小宮山は四球で二死一塁二塁の好機を作ると、2番岩元の左前適時打で同点に追いつきます。九回で決着は付かず延長戦に突入します。延長十一回裏中央大学は、先頭の5番松元が死球で出塁し、6番眼龍が犠打を決め一死二塁の好機を作ります。二死二塁から8番代打土居が左超適時二塁打を放ちサヨナラ勝ちとなります。

 本日の試合は中盤に逆転され相手チームに流れが行きかけましたが、中央大学らしい粘り強い野球で1点ずつ返し、延長戦の末、勝ち切ることが出来ました。昨日、本日の2試合は課題の残る試合となりました。試合で見つかった課題を明日の練習から徹底的に克服し、終始中央大学のペースで試合を運ぶことが出来るよう日々精進して行きます。

 次戦は10月7日(日)12時45分より上柚木球場にて東海大学との試合が行われます。

 ご声援の程宜しく御願いします。