秋季リーグ戦 対東洋大学 第1戦目

試合詳細

中央大01212000010-7

 

東洋大02002110010-7

 

 

 

1番右 足立(八戸学院光星1) 

 

11回大濱(八重山商工2)

 

2番一 小谷(健大高崎3) 

 

3番二 端岡(報徳学園3) 

 

4番指 真玉橋(八重山商工3)

 

5回小宮山(日川3) 

 

5番左 山口雄(佐賀商2) 

 

5回千葉隆(東北1)

 

8回山本(静岡2)

 

6番中 松元(沖縄尚学3) 

 

7番三 岩元 (尚志館2)

 

9回河野(報徳学園2)

 

8番遊 真谷 (佐賀商業3)

 

9番捕 森  (静岡1)

 

投手 大澤(浦和学院2)

 

6回林部(上田西1)

 

 

 

 本日八王子市民球場で行われた、秋季リーグ戦対東洋大一戦目は先攻中央大学、後攻東洋大学で始まりました。

 

 先制したのは中央大。2回表、先頭の6番松元が高めに浮いた変化球を捉え中越本塁打を放ちます。しかしその裏、安打と四球で一死満塁とされ失策と内野ゴロの間に2失点し逆転を許します。すぐさま追いつきたい中央大は3回の表、2番小谷が四球で出塁すると3番端岡が左中間二塁打で繋ぎ一死2、3塁とし4番真玉橋の二失策の間に二者が生還し再び1点をリードします。その後中央大は4回に9番森のスクイズで1点、5回に6番松元、7番岩元の連続適時打で2点を挙げ6対2とします。逃げ切りたい中央大でしたが5回に先発大澤が先頭に安打で出塁を許すとと二死1、2塁から相手4番に左前適時打、更に連続四球で押し出しとしてしまいます。ここで林部に継投し後続を抑えるもこの回2点を奪われます。傾いた流れは簡単には取り戻せません。6回7回と立て続けに得点を許し同点に追いつかれます。8回9回と両者無得点で迎えた延長10回。何とか得点したい中央大は先頭の9番森が中安で出塁すると二死1、2塁とし5回から試合に出場していた4番小宮山が左前適時打を放ち勝ち越しに成功します。しかしその裏、二死から守備が乱れて再び同点に追いつかれてしまいます。11回は両者無得点に終わり大会規定により引き分けとなりました。

 

本日の試合では無駄な失策、四球から失点を許し勝てる試合を引き分けという形にしてしまい、多くの課題、精神的弱さが露わになりました。この結果を真摯に受け止め今後にいかす為にも、しっかりと練習に取り組んで参ります。

 

 本日も応援誠に有難う御座いました。次戦は秋季リーグ戦対東洋大額ニ戦目は10月2日火曜日、八王子市民球場にて9時30分開始予定です。御声援の程宜しく御願いします。