秋季リーグ戦 対国士舘大学 第2戦目

試合詳細

国士舘大 000|000|001     =1

中央大  001|000|001×   =2x

 

1番右 足立(八戸学院光星1) 

2番指 小谷(健大高崎3) 

3番二 端岡(報徳学園3) 

4番三 長島(健大高崎4) 

5番左 山口雄(佐賀商2) 七回表 松元(沖縄尚学3)

6番一 安藤(日川4) 

7番捕 山口澪 (花巻東1)九回表 森(静岡1)

8番遊 真谷 (佐賀商3) 七回裏 小宮山(日川3)九回裏 山本(静岡2)

9番中大畑(報徳学園4)

 

投手 林部(上田西1)

 

本日、上柚木球場で行われた秋季リーグ戦国士舘大学対中央大学の二回戦は先攻国士舘大学、後攻中央大学で始まりました。

試合は三回に中央大学が先制します。

9番大畑が一死から四球を選び出塁し、2番小谷が左前安打を放ち得点圏に走者を進めると

3番端岡が適時左前安打を放ち一点を先制します。

お互い得点圏に走者を進めることが出来ず

スコアボードには0が並びます。

中央大学一点リードの九回表に国士舘大学が粘りを見せます。

先頭の代打が左前安打を放ち、犠打で一死二塁の好機を作ります。続く打者が二ゴロに倒れ、二死三塁となります。一打同点の場面で

適時左前安打を打たれ、追いつかれてしまいます。しかし後続を断ち切り裏の攻撃に繋げます。

九回裏先頭の8番小宮山が左前安打で出塁し

9番大畑が犠打を決め一死二塁の好機を作ります。1番足立が中前安打を放ち、送球間に二塁へ進み一死二塁、三塁となります。

2番小谷が犠飛を放ち、三塁走者が帰り中央大学の勝利となります。

 

本日の試合は昨日とは対象的に一点を争う試合になり、リーグ戦というのは改めて厳しい戦いになるということを実感致しました。

この秋のリーグ戦から下級生の選手が試合に出る事が増え、チーム力の底上げが更にチームを成長させると感じる場面が多くあります。勝ち点を取ることが出来ましたがこれに満足せず、今週末に控えている専修大学との試合に向け練習をしていきたい思います。

次戦は9月15日、土曜日八王子市民球場にて9時30分から専修大学と試合が行われます。 

今後共御声援の程宜しく御願いします。