春季リーグ戦 対日本大学

                                          計
日本大学 10100000003 5
中央大学 00000020000 2



1 三 小宮山
2 二 端岡
3 遊 真谷
4 一 長島
5 右 眼龍(11回表 河島)
6 左 松元
7 指 河野(7回裏 小谷)
8 中 大畑(11回裏 北野)
9 捕 千葉
投手 細谷(5回表 小澤)

 本日は、八王子球場にて日本大学と春季リーグ戦第二回戦を行いました。
試合は先攻が日本大学、後攻が中央大学で始まりました。
 試合が動いたのは、一回表、二死二塁から盗塁され、三塁手の捕球ミスの間に一点を先制されます。更に、三回表、三番打者に本塁打で一点を追加されます。
中央大学は、七回裏に六番松本の左前打で出塁し、七番河野に代わった代打小谷の犠打でチャンスを広げ、二死二塁から九番千葉の左越え二塁打で一点を返し、尚も、二死二塁から一番小宮山の右中間を破る三塁打で同点に追い付きます。投手小澤の粘りの投球で延長戦に持ち込みます。再び試合が動いたのは、十一回表、一死から三番打者に左越え三塁打を浴び、続く四番打者に死球を与え、一死一、三塁から五番打者に左前安打で一点を許し、更に六番打者に中越適時二塁打で二点を追加されます。そして、十一回裏、中央大学の攻撃は三者凡退に抑えられ、試合終了となります。
 本日の試合は、相手に先制され、七回に二点を返し同点に追いつくも十一回に追加点を許し、接戦をものにすることが出来ませんでした。
 本日の結果を受け、ここ一番での集中力が足りなかった為、日頃の練習からチーム全体で取り組む姿勢を変えなければいけないと思いました。
 今後共応援の程、宜しく御願い致します。