新チーム便り

日本一奪回

~気迫・不屈・全力疾走~


オープン戦 対甲南大学

 

                1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中央大学 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3
甲南大学 1 0 0 0 1 0 0 0 2×4

1番 三 原田
2番 遊 上野(9回表端岡  9回裏真谷)
3番 右 安藤
4番 指 岡田(5回表青木)
5番 一 森田
6番 左 小林(6回裏長島)
7番 中 冨山
8番 捕 國廣(7回裏田中  9回裏千葉)
9番 二 緑川
投手 渡邊(2回裏飯岡  5回裏野口  7回裏大坪  9回裏細谷)

本日は佐賀県国見台球場にて九州遠征、対甲南大学との試合が行われました。
先攻は中央大学、後攻が甲南で試合が始まりました。
1回裏、先発の渡邊が先頭打者を左前で出塁を許し、二死三塁から4番に左前適時打で先制を許します。
5回表、8番國廣の右前、9番緑川の犠打で二死二塁とし、2番上野の左越三塁打、3番安藤の左前適時打、5番森田の右前適時打なので3点を返し逆転に成功します。
5回裏、3番手野口が一死一塁から左線適時打で1点を追加されます。
9回裏、5番手細谷が先頭を左越三塁打を許し、一死三塁から左前適時打で同点とします。二死一塁とした後右越二塁打を許し逆転され、3-4×で敗北しました。
本日の先発渡辺は腕が思うように触れず変化球に頼りがちな投球となってしまい、1回を投げ1失点という内容でした。2番手飯岡はランナーを背負いながらも粘りのピッチングで3回を投げ無失点でした。3番手の野口は立ち上がりの回に点数を許すなど2回を投げ1失点でした。4番手大坪はフォークとストレートをうまく織り交ぜ相手打線を封じ2回を無失点にまとめました。5番手細谷は球が甘く入ったところを痛打され1回を2失点でした。投手陣は全体的に腕が振れておらず相手打者に恐怖感すら与えられていない状況でした。まだ4試合あるのですがこの4試合に全てが懸かっているという思いで投げ込まなければならないと思います。
打線は、5回にツーアウトから上野、安藤、青木、森田の4連打で3点を奪うなど繋がりをみせたものの、9安打を放ちながら残塁が多く3点しか得点できなかったことは次の試合に向けて反省すべき所だと思います。
本日から九州遠征が始まり初戦ということでしたが勝ちきることができませんでした。関東大会まで時間が無い中残り4試合は結果と中身を伴うことができるように考えて修正していきたいと思います。今後とも応援のほど宜しく御願い致します。

オープン戦 対福岡大学


                1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
福岡大学 0 0 0 0 0 2 2 1 3 8
中央大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0


1番 指 青木
2番 右 北野 (9回表 代打松元)
3番 左 原田
4番 一 安藤
5番 遊 上野
6番 三 森田 (1回表 小林 6回表 橋本)
7番 右 富山
8番 捕 千葉 (6回裏 代走 大畑 7回表 國廣 8回表 田中)
9番 二 緑川

投手木下(6回表河島、8回表野口、9回表、小澤)

本日は佐賀県鹿島球場にて九州遠征2日目、対福岡大学との試合が行われました。
本日の試合は、先攻が福岡大学、後攻が中央大学で試合が始まりました。
試合が動いたのは6回表、先頭打者に失策で出塁を許すと、犠打、パスボールで一死三塁となります。スクイズにより先制を許すと、さらに次打者に本塁打をゆるし2点目を追加されます。続く7回表、先頭打者に二塁打を許すし、犠打、四球で一死一三塁。スクイズで得点され3-0。二死二塁から1番打者の左前で追加点を許し4-0とされます。続く8回表、一死から4番打者が四球で出塁し、続く5番打者の左前、6番打者への死球で一死満塁とされます。投手の暴投で追加点を許し5-0としますが、後続は三振と中飛で抑えます。続く9回表、先頭打者を三失策で出塁させると、2番打者が右翼線二塁打で無死二、三塁とされます。3番打者の右飛を失策し6-0とされます。一死二、三塁から5番打者にスクイズを決められ、7-0。死球で二死一、三塁になり、牽制球暴投で8-0となりますが、続く打者を右飛で攻守交代とします。反撃を試みた中大ベンチは先頭打者に代打を送りますが、三振に倒れ一死。後続も二ゴロ、遊ゴロと倒れ試合終了となります。
先発投手木下が好投しますが、打線の援護が無く、続く河島、野口、小澤が相手打線につかまり失点を許してしまいました。失策や、ミスが失点へと繋がり、悪い流れで試合が進んでしまいました。今、このチームには流れを変えれる選手がいません。流れを掴む為にも、全力疾走や、ゴロを打つ打撃を心がけていきたいと思います。本日の試合は課題の多く残る試合となりました。この試合で出た課題を明日の試合で克服していきたいと思います。
明日で九州遠征最後の2試合となります。明日の2試合は結果を求め、中身の伴う試合をしていきたいと思います。
今後共、応援の程、宜しく御願い致します。

オープン戦 対九州共立大学


                       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
九州共立大学 0 1 0 0 3 0 0 1 2 4
中央大学        1 0 0 1 0 0 1 0 0 3

1番 中 大畑
2番 遊 上野
3番 三 長島 (6回表 眼龍)
4番 指 安藤 (5回裏 真谷 9回裏 岡田)
5番 一 森田 (7回裏河島)
6番 左 原田
7番 右 富山
8番 捕 田中(4回裏 代走 橋本 5回表 國廣 9回表 千葉)
9番 二 緑川(4回裏 端岡 8回裏 小宮山)

投手渡邊(6回表細谷、9回表、遠藤)

本日は佐賀県鹿島球場にて九州遠征2日目、対九州共立大学との試合が行われました。
九州共立大学との試合は、先攻が九州共立大学、後攻が中央大学で試合が始まりました。
1回裏、一死から2番上野が四球で出塁し、続く3番長島が右前で一死一三塁となります。続く4番安藤の打席でパスボールがあり、中央大学が先制します。
2回表、先頭打者が中前で出塁、6番打者が犠打で一死二塁とすると、二死から8番打者に中越二塁打を許し同点とされます。
勝ち越したい中央大学は4回裏、先頭の6番原田が四球で出塁し、犠打で一死二塁となります。続く8番田中の右前で一死二、三塁とすると、代打の端岡の右前で2点目を追加し2-1。
7回裏、先頭の1番大畑、続く2番上野の連続四球で無死一二塁とすると、3番眼龍の打席で投手の暴投があり、無死二、三塁から眼龍の左前で1点を追加します。
8回表、3番4番打者を打ち取ると、二死から5番打者に振り逃げを許します。続く6番打者の左前、7番打者中前と連続安打を許し、1点を返されます。
1点のリードで迎えた9回表、一死から1番、2番に連続安打を許します。二死一二塁から4番打者に右前適時打、5番打者に右前適時打を打たれ逆転を許します。
9回裏、反撃したい中央大学ですが、先頭打者の大畑が三振に倒れます。一死から2番上野が左前で出塁しますが、続く3番眼龍が三振、4番に代打岡田が出ますが三振で試合終了です。
この試合は1試合目出た課題をいくつか克服する事が出来ましたが、まだ課題が残る試合となりました。守備面では、失策から失点へと繋がる場面が多くありました。関東大会では、失策が致命的になってしまうので、失策をしない為の準備をしていきたいと思います。打撃面ではチャンスでの1本は出ていましたが、毎回最少得点で終わってしまいました。得点出来ない時は三者凡退など簡単に終わってしまい、打者の粘りが感じられなかったと思います。準硬式ではやはり点の取り合いになると思うので、打撃面の強化をしながらこれらの弱点を改善していきます。黒星が続いているので、明日こそは必ず勝利し、この暗いトンネルを抜け出したいと思いますので、応援の程、宜しく御願い致します。

オープン戦 対九州産業大学


          1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中央  2 0 1 0 0 1 0 7 4  15
九産  1 0 5 2 0 0 0 1 0  9

1 中 大畑
2 左 原田
3 三 森田
4 指 岡田(7回表 安藤 8回表 青木)
5 遊 上野
6 三 長島(9回表 小林)
7 捕 田中(4回表 小谷 4回裏 國廣)
8 右 冨山(8回裏 松元)
9 ニ 緑川
投手 細谷(4回裏 渡邉 6回裏 野口)

本日は佐賀県みゆき球場で九州産業大学とのオープン戦が行われました。
先攻が中央大学、後攻が九州産業大学で試合が始まりました。
初回、先頭の大畑が内野安打で出塁すると続く原田、森田の連打で2点を先制します。しかしその裏、四球で出した走者を犠飛で得点され2-1とされます。3回表に1点を追加しますがその裏、四球を挟んだ4本の長打などにより5得点を許し3回終了時点で3-6と劣勢となります。中盤にお互い得点を重ね4-8で迎えた8回表、先頭の緑川が内野安打で出塁し犠打で一死二塁の場面を作ると、続く原田の中前適時打を含む7連打で7点を追加し逆転に成功します。その裏に失点しますが、9回の表にも小林、松元の長打などで4得点を追加し15-9とします。
最終回の守りでは走者を背負いますが無失点に抑え勝利致しました。
本日の試合は計25安打に四死球を絡め大量得点に繋げる事が出来ました。日々のスイングの積み重ねの成果が表れていたと思います。しかしその得点に対し9失点した点は非常に反省する点です。投手有利のカウントから安打されたり、二死走者なしの場面からの四死球でピンチを作るなど投手陣は課題を克服する必要があります。本日の試合を終えて九州遠征での全オープン戦を終えました。負け越しましたが関東大会に向けて改めてチームを見つめ直す良い機会になったと思います。
今後共応援の程宜しく御願い致します。

オープン戦 対久留米大学


                     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中央大学       0 0 0 3 0 1 0 0 1 5 
久留米大学   0 1 0 0 4 0 0 0 2 7×

 
1番 中 大畑
2番 左 原田
3番 指 青木
4番 遊 上野
5番 三 森田
6番 一 長島
7番 捕 千葉
8番 右 冨山(9回表 眼龍)
9番 二 緑川
 
投手 木下
 
本日はみゆき球場で久留米大学とのオープン戦を行いました。先攻は中央大学、後攻が久留米大学で試合が始まりました。
試合が動いたのは2回裏先頭の4番が二塁打で出塁すると、続く5番、6番の連続安打で1点を先制されてしまいます。その後、4回表に先頭の7番千葉が四球で出塁すると、続く8番冨山が左前安打、9番緑川が右中間本塁打で3点を返し逆転します。しかし5回裏、先頭の1番が左前で出塁すると、3番の本塁打で2点を返されます。そして4番、5番が安打で出塁し、6番の三塁打で2点を追加され逆転されてしまいます。続く6回表、5番森田が右前安打で出塁すると、6番長島の犠打、更に投手の暴投で1点を返します。そして9回表、一死から9番緑川が相手の失策で出塁すると3番青木の左前適時打で1点を返し同点に追いつきます。その後、後一本が出ず攻撃を終えます。そして9回裏3番が四球で出塁すると5番に左越本塁打を放たれサヨナラ負けを喫しました。
この試合で感じたことは接戦での1点への集中力という点です。昨年から接戦での1点を課題としています。1点を取りきることと1点を守りきることが大会で重要となってきます。関東大会へ向けて調整や練習をしていき、勝ちきれるチームにして参ります。今後共御声援の程宜しく御願い致します。